EDは男性にとってショックな症状ですよね。EDにならないためにも何か対策しなければなりません。またEDになったとしてもバイアグラのような治療薬を使うことで改善できますので心配する必要はありません。

EDと高血圧の後遺症の関係性について

“高血圧の治療は、医師が降圧剤を処方して血圧を下げていくことにより血圧を下げていくことで行います。
高血圧の治療の後遺症として、EDを発症することがあります。EDを引き起こす原因として、利尿薬やカルシウム拮抗薬などの薬の副作用により、EDを引き起こす可能性があります。
利尿薬は、流れる血液の量を減らす効果、カルシウム拮抗薬は血管を広げること血圧上昇を抑える降圧剤です。
高血圧の方は動脈硬化が進んでいる可能性が高くなります。高血圧の後遺症として、動脈硬化が進むことで、性的な興奮を覚えても陰茎海綿体の動脈の広がりが弱くなり、EDを発症することになります。それと同時に、降圧剤の副作用が重なることで、EDの症状が出る可能性があります。また、一緒に服用することで、心臓のような重要な臓器に負担をかけてしまうこともあります。
また、高血圧の方はED治療薬を服用する際には注意が必要なことがあります。ED治療薬の後遺症として、血圧を下げる作用があるため、降圧剤との併用によって、一時的なふらつきや立ちくらみといった症状が多少出ることがあります。また、高血圧の方の場合、治療により管理されていない高血圧の方で、血圧の値の高さによっては利用することができない場合があります。
ED治療薬を高血圧の薬と一緒に服用することができないというわけではなく、使用したいと考えている方の場合は、病院で相談をして、指示を受けてから使用することが大切です。
治療の際に、あまり降圧剤を利用しないということもひとつの手です。降圧剤を使用せずに、食生活を変える、禁煙をする、適度な運動を心がけるなど、生活習慣病の対策を心がけることも改善するための一つの手となります。