EDは男性にとってショックな症状ですよね。EDにならないためにも何か対策しなければなりません。またEDになったとしてもバイアグラのような治療薬を使うことで改善できますので心配する必要はありません。

EDに効果的な食べ物とは?

EDは、血液がドロドロになっていたり血管が細くなったりすると、海綿体に血液が流入しにくくなり引き起こされます。よってED予防には、血液をサラサラにして太くて柔らかい血管を作ることが重要です。まう納豆です。納豆にはナットウキナーゼが含まれており、血栓を溶かすので血流が良くなります。納豆をはじめとした大豆食品には、動脈硬化を予防する効果があります。さらに納豆は精子を生成したり、生殖機能を高めたりする亜鉛を豊富に含んでいます。アルギニンは血管を拡張させるなど、ED対策に有効な栄養素をバランス良く含んでいます。次にタコやイカです。これらの魚介類にはタウリンが多く含まれています。タウリンには、肝臓の機能を高める効果があるので、血液がサラサラになります。肝機能が強化されれば、滋養強壮効果も期待できます。魚介類にはコレステロール値を下げて、血行を良くするオメガ三脂肪酸も豊富に含みます。またニンニクに含まれるアリシンは、精力アップにつながります。一酸化窒素の濃度を高めるので、血管が拡張しやすくなりEDが改善されます。アリシンは、ニンニクの他にネギや玉ねぎ、ニラなどネギ属の野菜に含まれています。チョコレートには、性的な興奮を高める作用があります。フェニールエチルアミンという化学物質が含まれており、脳内物質と関係があります。フェニールエチルアミンは、神経中枢を刺激して血圧を低くして心拍数を上げる働きを持っています。さらにブルーベリーは天然のバイアグラとも呼ばれます。ブルーベリーに含まれる水溶性食物繊維が、血管壁に付着した老廃物を除去するので、血流が改善されます。またアントシアニンは血管を柔らかくします。